お知らせ

フランス語の本の紹介ブログは、

『フランス語の本の読書記録』
と、ブログタイトルを変更し

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/

へ、引越しました。 

Homeスポンサー広告本に関するモロモロ >2009年フランスの主要文学賞受賞作品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年フランスの主要文学賞受賞作品

2009.11.09 Mon

忙しくて、わさわさしているうちに、フランスの主要文学書受賞作が発表される11月。 今年は、1日遅れの新聞を読んで、ゴンクール賞が発表された事を知る羽目に・・・
すっかり出遅れてしまったので、今更、ブログの記事にするには、遅すぎるのは承知の上、一応、2009年の主要文学賞受賞作品名の紹介をする事にします。


ゴンクール賞 (Prix Goncourt) は、: Marie NDiaye 著「Trois femmes puissantes」、

ルノドー賞 (Prix Renaudot) は、 Frédéric Beigbeder 著「Un roman français 」、

メディシス賞 (Prix Médicis)は、 Dany Laferrière 著「L'énigme du retour」

フェミナ賞 (Prix Femina) は、Gwenaëlle Aubry 著「Personne」

高校生の選らぶゴンクール賞 (Prix Goncourt Lycéens)は、Jean-Michel Guenassia 著「Club des incorrigibles optimistes」、

が受賞しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。