お知らせ

フランス語の本の紹介ブログは、

『フランス語の本の読書記録』
と、ブログタイトルを変更し

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/

へ、引越しました。 

Homeスポンサー広告本に関するモロモロ >2008年フェミナ賞発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年フェミナ賞発表

2008.11.04 Tue

本ブログで、私が一押しお勧めした、Jean-Louis Fournier著「Où on va, papa ?」が、11月3日に、『Prix Femina (フェミナ賞)』を受賞しました。

出来るだけ多くの人に読んでもらいたい、そんな素晴らしい本なので、今回の受賞はとても喜ばしい事です。
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

この作品は、厳密には『小説』というより、二人の重症障碍児の父としての心内を綴った自伝的エッセイ的香りの高い作品なので、日本人の私としては、『Roman(小説)』というジャンルに分類してしまうのには、躊躇いを感じぜずにはいられません。 昨年、同じタイプのダニエル ぺナック著の「Chagrin d'école」が、小説部門のルノドー賞を受賞した事とも、考え合わせると、フランス文壇では、小説とエッセイの境が縮まりつつあるみたいな印象を受けますね。

本書は、ゴンクール賞にも選考されているので、『高校生の選ぶゴンクール賞』の有力候補ではないかと、私は思っています。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ:Prix Femina フェミナ賞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。