お知らせ

フランス語の本の紹介ブログは、

『フランス語の本の読書記録』
と、ブログタイトルを変更し

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/

へ、引越しました。 

Homeスポンサー広告ユーモア・風刺小説>『ADMINISTRATION FRANCAISE』 という名の不思議の国に迷い込んでしまった、可哀相な男のお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ADMINISTRATION FRANCAISE』 という名の不思議の国に迷い込んでしまった、可哀相な男のお話

2005.11.18 Fri

Gérard Mordillat著「Comment calmer M. Bracke」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-156.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

*>『ADMINISTRATION FRANCAISE』 という名の不思議の国に迷い込んでしまった、可哀相な男のお話

ドラム小僧さんのブログで、大変勇気づけられるコメントを頂、大変うれしく思っております。
そうなんですか、娯楽性の高い仏語本ってあまり入荷されないのですか?残念です。
日本語の小説本も仏訳されるのは、娯楽性の高いものより、純文学ぽいものの方が多いような気がします。
日本文化に興味を持つフランス人=インテリ、という固定観念が強いからかもしれませんね。

*>『ADMINISTRATION FRANCAISE』 という名の不思議の国に迷い込んでしまった、可哀相な男のお話

日本ではフランスの書籍は欧明社や丸善などに行けばあるにはあるのですが、割りと娯楽本が入荷されていないような気がします。Lemonさんがご紹介されているのはなかなか見つけられないんですよね。でも今回ご紹介されているのはJ'ai luシリーズだし入荷されるかもしれません。でもフランスびいきの人ってこういうの好まないから欧明社もいれるかどうかわかりませんが。結構バイヤーの好みでフランスではメジャーでも入荷したりしなかったりします。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lireenfete.blog27.fc2.com/tb.php/28-91ce5a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。