お知らせ

フランス語の本の紹介ブログは、

『フランス語の本の読書記録』
と、ブログタイトルを変更し

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/

へ、引越しました。 

Homeスポンサー広告本に関するモロモロ >水木しげる氏がフランス、アングレム漫画フェスティヴァルで、最優秀作品賞を獲得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水木しげる氏がフランス、アングレム漫画フェスティヴァルで、最優秀作品賞を獲得

2007.01.29 Mon

nonon ba



水木しげる氏の『のんのんばあとオレ 』が、2007年、フランスアングレム漫画フェスティヴァルで、最優秀作品賞を獲得しました。
http://www.bdangouleme.com/prixJury/index.ideal?action=nommes&annee=2007

フランスで、最も権威のあるアングレム漫画フェスティヴァルで、日本人漫画家が最優秀作品賞を受賞したのは、これが初めてのことです。

日本の漫画の文学的価値が、フランス人に正式に認められたみたいで、私はとってもうれしいです。o(^o^)o

追記 

又、この「Non Non Bâ(のんのんばあとオレ)」は、水木しげる氏の初めての仏訳本だそうです。
「Non Non Bâ」を出版したCornélius出版社から、2月にゲゲゲの鬼太郎」の仏訳が出版されるとの事です。

これをきっかけに、フランスで、日本の妖怪ブームが起る、なんて事になったら、愉快ですねぇ。


テーマ:漫画家批評 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ:アングレム 漫画 フランス 水木しげる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。