フランス語の本紹介ブログは『 http://bibliophilie.blog3.fc2.com/』へ引越しました
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 パリのユダヤマフィアのボスの生涯を描いたフランス漫画「Il était une fois en France」シリーズ第1巻
2008年09月30日 (火) | 編集 |
「Il était une fois en France, Tome 1 : L'empire de Monsieur Joseph」
ストーリー : Fabien Nury、作画 : Sylvain Vallée
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-937.html

へ、移動しました。

スポンサーサイト

 パリの腕利き芸能・文芸アーティスト・エージェントの姿を描いた小説
2008年09月29日 (月) | 編集 |
Jérôme Garcin著「Les Soeurs de Prague」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-895.html

へ、移動しました。


 さりげないユーモアが漂うノワール小説
2008年09月27日 (土) | 編集 |
Pascal Garnier著「Nul n'est à l'abri du succès」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-371.html

へ移動しました。

 人間を助けるために神様から地上に送られた故有名人が活躍するフランスの短編漫画集「Dieu n'a pas réponse à tout」シリーズ第2巻
2008年09月25日 (木) | 編集 |
「Dieu n'a pas réponse à tout (mais il sait à qui s'adresser)」
ストーリー : Benacquista、 作画 : Barral に冠する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-352.html

へ移動しました。

 仏語上級者向け、フランス語の綴りクイズ本
2008年09月24日 (水) | 編集 |
Jean-Pierre Colignon著「Aille, Ail, Aïe ! Ma langue est malade」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-564.html

へ、移動しました。

 親ばかを一刀両断したフランスのユーモアエッセイ集
2008年09月23日 (火) | 編集 |
Jean-Louis Fournier著「Mouchons nos morveux : Conseils aux parents qui ne veulent plus se laisser marcher sur les pieds 」
に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-317.html

へ移動しました。



 風刺が利いているフランスの一コマ漫画作品集
2008年09月22日 (月) | 編集 |
Voutch著「L'amour triomphe toujours」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-785.html

へ、移動しました。

 パレスチナ問題に興味のある方にお勧めしたい小説
2008年09月19日 (金) | 編集 |
Hubert Haddad著「Palestine」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-508.html

へ移動しました。



 フランスの出版社社長が主人公のちょっと変った恋愛小説
2008年09月18日 (木) | 編集 |
Patrick Cauvin「Belange」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-417.html

へ移動しました。



 魔法の指輪を巡る神々と人間達の冒険を描いたフランス漫画「Le Crépuscule des Dieux」シリーズ第2巻
2008年09月17日 (水) | 編集 |
「Le Crépuscule des Dieux, Tome 2 : Siegfried」
ストーリー : Nicolas Jarry、作画 : Djief
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-820.html

へ、移動しました。

 魔法の指輪を巡る神々と人間達の冒険を描いたフランス漫画「Le Crépuscule des Dieux」シリーズ第1巻
2008年09月16日 (火) | 編集 |
「Le Crépuscule des Dieux, Tome 1 : La Malédiction des Nibelungen」
ストーリー : Nicolas Jarry、作画 : Djief
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-819.html

へ、移動しました。

 2004年高校生が選ぶゴンクール賞、2005年エルの読者賞をダブル受賞した小説
2008年09月15日 (月) | 編集 |
Philippe Grimbert著「Un secret」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-261.html

へ移動しました。



 2005年の高校生の選ぶゴンクール賞受賞作
2008年09月12日 (金) | 編集 |
Sylvie Germain 著「Magnus」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-534.html

へ移動しました。

 フランスの小学校低学年を対象としたミニ絵本
2008年09月11日 (木) | 編集 |
Pascal Garnier著「Nono」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-376.html

へ移動しました。


 ヴェネズエラのカリブ海に面した奇妙なリゾートクラブが舞台のフランスの現代小説
2008年09月10日 (水) | 編集 |
Philippe Garnier著「Roman de plage」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-913.html

へ、移動しました。


 フランスのいじめられっ子の高校生の日常を語ったフランス漫画
2008年09月09日 (火) | 編集 |
Bastien Vivès & Michaël Salaville 著
「Hollywood JAN」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-825.html

へ、移動しました。

 ゴーストライターという存在にスポットを当てたフランスの現代小説
2008年09月07日 (日) | 編集 |
Dan Franck著「Roman nègre」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-680.html


へ、移動しました。 

 読書通の方にお勧めした、一風変った読書ガイド
2008年09月05日 (金) | 編集 |
Stéphanie Janicot著「Cent romans de première urgence pour (presque) tout soigner」
に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-295.html

へ移動しました。



 多読にもお勧めできるフランスのノワール小説
2008年09月04日 (木) | 編集 |
Pascal Garnier著「Chambre 12」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-367.html

へ移動しました。

 ミステリアスな美少女を巡るスリラー漫画「Judith」第4巻
2008年09月03日 (水) | 編集 |
「Judith, tome 4」
ストーリー : Eric Cordeau、作画 : Paul Oliveira、着色 : :Maëla Cosson
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-862.html

へ、移動しました。

 始皇帝にまつわる謎にスポットを当てたフランスのエンターテイメントサスペンス
2008年09月02日 (火) | 編集 |
Frédéric Cathala 著「L'Aigle et le Phénix」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-516.html

へ移動しました。

 どんずまりの人生から抜け出すため、現金輸送車強盗を試みた男達の姿を語ったフランスのサスペンス
2008年09月01日 (月) | 編集 |
Patrick Pécherot著「Soleil noir」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-769.html

へ、移動しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。