フランス語の本紹介ブログは『 http://bibliophilie.blog3.fc2.com/』へ引越しました
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 刑務所を脱走し、ヨーロッパ中を放浪した青年の軌跡を描いたフランスの現代小説
2007年09月30日 (日) | 編集 |
René Frégni 著「Chemins noirs」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-568.html

へ、移動しました。
スポンサーサイト

 現代の魔女が主人公のオカルト系フランス漫画「La Loi Des 12 Tables」第6巻
2007年09月28日 (金) | 編集 |
「La Loi Des 12 Tables : Tome 6 : L'art notoire」
ストーリー : Eric Corbeyran、作画 : Djillali Defali、着色 : Hédon
に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-809.html

へ、移動しました。

 現代の魔女が主人公のオカルト系フランス漫画「La Loi Des 12 Tables」第5巻
2007年09月27日 (木) | 編集 |
「La Loi des 12 Tables, Tome 5 : Le masque 」
ストーリー : Eric Corbeyran、作画 : Djillali Defali、着色 : Max
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-808.html

へ、移動しました。

  現代の魔女が主人公のオカルト系フランス漫画「La Loi Des 12 Tables」第4巻
2007年09月26日 (水) | 編集 |
「La Loi Des 12 Tables : Tome 4」
ストーリー : Corbeyran、作画 : Djillali Defali、着色 : Hédon
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-807.html

へ、移動しました。

 マルセイユが舞台のハードボイルドFabio Montale シリーズ第3弾
2007年09月25日 (火) | 編集 |
Jean-Claude Izzo著「Solea」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-323.html

へ移動しました。

 マルセイユが舞台の社会派ハードボイルドの傑作
2007年09月24日 (月) | 編集 |
Jean-Claude Izzo著「Chourmo」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-322.html

へ移動しました。

 フランス人漫画家Baudoin氏の自伝的漫画
2007年09月21日 (金) | 編集 |
Baudoin著「Piero」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-487.html

へ移動しました。


 ディディエ ヴァン・コーヴラール氏が父への思いを綴った伝記的小説
2007年09月20日 (木) | 編集 |
Didier Van Cauwelaert 著「Le père adopté」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-451.html

へ移動しました。

 若き日のRené Vautierの姿を描いたドキュメンタリー漫画「Un homme est mort」
2007年09月19日 (水) | 編集 |
「Un homme est mort」ストーリー : Kris、 作画 : Etienne Davodeau
に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-182.html

へ移動しました。


 仏マリー・クレール誌の2006年新人作家賞受賞作品
2007年09月18日 (火) | 編集 |
Isabelle Kauffmann 著「Ne regardez pas le voleur qui passe」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-871.html

へ、移動しました。

 フランス語初心者でも無理なく読めるフランス漫画
2007年09月17日 (月) | 編集 |
Christophe Chabouté著「Un îlot de bonheur」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-216.html

へ移動しました。


 2000年にバレンツ海で起こったソ連の原子力潜水艦沈没がテーマのフランス小説
2007年09月14日 (金) | 編集 |
Marc Dugain著「Une exécution ordinaire」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-758.html

へ、移動しました。

 年老いても恋を生きがいに生きていたい人たちを描いたフランスの小説
2007年09月13日 (木) | 編集 |
Emile Ajar(Romain Gary)著「L'angoisse du roi Salomon」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-247.html

へ移動しました。

 海の上に浮かんだ巨大な人工の浮遊島が舞台の冒険漫画「Golden city」第6巻
2007年09月12日 (水) | 編集 |
「Golden city , tome 6 : Jessica」
ストーリー : Daniel Pecqueur、作画 : Nicolas Malfin、着色 : Pierre Schelle & Stéphane Rosa
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-902.html

へ、移動しました。

 海の上に浮かんだ巨大な人工の浮遊島が舞台の冒険漫画「Golden city」第5巻
2007年09月11日 (火) | 編集 |
「Golden city , tome 5 : Le dossier Harisson」
ストーリー : Daniel Pecqueur、作画 : Nicolas Malfin、着色 : Pierre Schelle & Stéphane Rosa
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-901.html

へ、移動しました。

 海の上に浮かんだ巨大な人工の浮遊島が舞台の冒険漫画「Golden city」第4巻
2007年09月09日 (日) | 編集 |
「Golden city , tome 4 : Goldy 」
ストーリー : Daniel Pecqueur、作画 : Nicolas Malfin、着色 : Pierre Schelle & Stéphane Rosa
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-900.html

へ、移動しました。

 ファン・ディエゴの奇跡のマントに閉じ込められた男と女性眼科医の奇妙な関係
2007年09月07日 (金) | 編集 |
Didier Van Cauwelaert 著「Apparition」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-450.html

へ移動しました。

 元フェミナ賞審査員が、審査員を除籍処分になった当時の事情を綴った作品
2007年09月06日 (木) | 編集 |
Madeleine Chapsal著「L'exclusion」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-912.html

へ、移動しました。

 海の上に浮かんだ巨大な人工の浮遊島が舞台の冒険漫画「Golden city」第3巻
2007年09月05日 (水) | 編集 |
「Golden city , tome 3 : Nuit polaire」
ストーリー : Daniel Pecqueur、作画 : Nicolas Malfin、着色 : Pierre Schelle & Stéphane Rosa
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-899.html

へ、移動しました。

 海の上に浮かんだ巨大な人工の浮遊島が舞台の冒険漫画「Golden city」第2巻
2007年09月04日 (火) | 編集 |
「Golden city , tome 2 : Banks contre Banks」
ストーリー : Daniel Pecqueur、作画 : Nicolas Malfin、着色 : Pierre Schelle & Stéphane Rosa
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-898.html

へ、移動しました。

 海の上に浮かんだ巨大な人工の浮遊島が舞台の冒険漫画「Golden city」第1巻
2007年09月03日 (月) | 編集 |
「Golden city , tome 1 : Pilleurs d'épaves」
ストーリー : Daniel Pecqueur、作画 : Nicolas Malfin、着色 : Pierre Schelle & Stéphane Rosa
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-897.html

へ、移動しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。