フランス語の本紹介ブログは『 http://bibliophilie.blog3.fc2.com/』へ引越しました
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 初期のウッディーアレンの映画を連想させる、お洒落なフランスの恋愛小説
2010年03月19日 (金) | 編集 |
David Foenkinos 著「La délicatesse」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-40.html

へ移動しました。

スポンサーサイト

 大人になる事を禁じた島の住人と、人類学学者の恋愛を描いたフランスの小説
2009年11月27日 (金) | 編集 |
Alexandre Jardin 著「 Les Coloriés」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-782.html

へ移動しました。

 フランスの人気作家による恋愛小説
2009年03月16日 (月) | 編集 |
Guillaume Musso著「 Et après... 」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-831.html

へ、移動しました。

 2001年高校生が選ぶゴンクール賞受賞作
2008年11月14日 (金) | 編集 |
Shan Sa著「La Joueuse de go」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-472.html

へ移動しました。

 フランスの出版社社長が主人公のちょっと変った恋愛小説
2008年09月18日 (木) | 編集 |
Patrick Cauvin「Belange」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-417.html

へ移動しました。



 クロード・ベリー監督により映画化された アンナ  ガヴァルダの小説
2008年06月18日 (水) | 編集 |
Anna Gavalda著「Ensemble, c'est tout」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-844.html

へ、移動しました。


 タイトルはダサいけど、恋愛小説が苦手な私がお勧めするセンシビリティーに溢れたフランスの現代小説
2008年05月30日 (金) | 編集 |
Jean-Philippe Blondel著「This is not a love song」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-100.html

へ移動しました。



 『匂い』という特殊な言語を解する事の出来る二人の男女の愛を描いた小説
2008年02月20日 (水) | 編集 |
Anne Calife著「Fleur de peau」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-397.html

へ移動しました。

 2007年フェミナ賞受賞作品
2008年02月07日 (木) | 編集 |
Eric Fottorino著「Baisers de cinéma」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-710.html

へ、移動しました。


 マルセイユを舞台にお嬢様とやくざな男の波乱万丈の恋を描いた大河小説
2008年02月04日 (月) | 編集 |
Patrick Cauvin著「Rue des Bons Enfants」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-414.html

へ移動しました。

 フランス語のラブレターの参考書としても使える灼熱の恋を語った恋愛小説
2007年12月07日 (金) | 編集 |
Calixthe Beyala著「L'homme qui m'offrait le ciel」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-552.html

へ移動しました。


 フェミニストと硬派男が恋に落ちたら
2007年11月19日 (月) | 編集 |
Françoise Dorin著「En avant toutes !」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-928.html

へ、移動しました。



 大きな困難に直面した1カップルと1人の男の微妙な関係をセンシビリティーに溢れる筆致で描いた傑作フランス現代小説
2007年11月09日 (金) | 編集 |
Jean-Philippe Blondel著「Passage du gué 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-99.html

へ移動しました。

 仏マリー・クレール誌の2006年新人作家賞受賞作品
2007年09月18日 (火) | 編集 |
Isabelle Kauffmann 著「Ne regardez pas le voleur qui passe」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-871.html

へ、移動しました。

 年老いても恋を生きがいに生きていたい人たちを描いたフランスの小説
2007年09月13日 (木) | 編集 |
Emile Ajar(Romain Gary)著「L'angoisse du roi Salomon」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-247.html

へ移動しました。

 フランス文芸批評家が主人公の恋愛小説
2007年05月21日 (月) | 編集 |
Didier Van Cauwelaert著「Corps étranger」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-448.html

へ移動しました。

 残酷で美しい南仏が舞台の恋物語
2007年03月06日 (火) | 編集 |
René Frégni 著「L'été」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-567.html

へ、移動しました。

 70年代のフランスの二人の天才児の可愛いラブストーリー
2007年02月09日 (金) | 編集 |
Patrick Cauvin 著「E = MC2, mon amour」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-410.html

へ移動しました。



 マーク レヴィの処女作「 Et si c'était vrai... 」の続編
2006年12月05日 (火) | 編集 |
Marc Levy著「Vous revoir」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-627.html

へ移動しました。

 Stéphane Héraume の2作目の小説
2006年05月28日 (日) | 編集 |
Stéphane Héaume著「Orkhidos」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-480.html

へ移動しました。



 Le Prix du jury Jean Giono受賞のStéphane Héaumeの処女小説
2006年05月25日 (木) | 編集 |
Stéphane Héaume 著「Le clos Lothar」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-479.html

へ移動しました。

 優美でエレガントなフランス語で綴られた小説
2006年04月28日 (金) | 編集 |
Stéphane Héaume 著「Le fou de Printzberg」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-478.html

へ移動しました。

 フランスではヒットした小説なんだけど・・・
2006年04月11日 (火) | 編集 |
Marc Levy著「Sept jours pour une éternité」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-626.html

へ移動しました。

 人を愛するというのはどういう事なのか考えさせられるフランス小説
2006年04月09日 (日) | 編集 |
Marc Levy著「Où es-tu ?」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-625.html

へ移動しました。

 フランスでロングセラーの、ちょっと洒落たラブストーリー
2006年04月07日 (金) | 編集 |
Marc Levy著「Et si c'était vrai...」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-624.html

へ移動しました。

 風変わりな人達が登場する、ちょっと変わったフランスの恋愛小説
2006年03月13日 (月) | 編集 |
Didier Van Cauwelaert著「Poisson d'amour」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-445.html

へ移動しました。


 第二次世界大戦中、レジスタンスに加担した神父に恋した修道女のお話
2005年11月30日 (水) | 編集 |
Jean-Luc Aubarbier著「Soeur Philomène」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-176.html

へ移動しました。


 ブラジルで激しい恋に落ちたフランス女性の物語
2005年11月14日 (月) | 編集 |
Jean-Christophe Rufin著「La Salamandre」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-145.html

へ移動しました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。