フランス語の本紹介ブログは『 http://bibliophilie.blog3.fc2.com/』へ引越しました
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 エリック=エマニュエル シュミット氏が相撲をテーマに書いた短い小説
2010年03月16日 (火) | 編集 |
Eric-Emmanuel Schmitt著 「Le sumo qui ne pouvait pas grossir 」の記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-37.html

へ、移動しました。
スポンサーサイト

 ハイチ出身、カナダ在住の作家による2009年メディシス賞受賞作品
2010年03月13日 (土) | 編集 |
Dany Laferrière 著「L'énigme du retour」の記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-36.html

へ移動しました。


 日本庭園に魅せられたフランス人女性を主人公にした小説
2010年01月30日 (土) | 編集 |
Isabelle Jarry著「Le jardin Yamata」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-144.html

へ移動しました。



 ハリウッドのシナリオライターのストライキに巻き込まれたフランス人を主人公とした小説
2009年08月02日 (日) | 編集 |
Jean-Paul Dubois著「Les accommodements raisonnables」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-530.html

へ移動しました。


 2008年メディシス賞受賞作品
2009年04月27日 (月) | 編集 |
Jean-Marie Blas de Roblès著「Là où les tigres sont chez eux」
に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-636.html

へ、移動しました。

 2009年高校生が選ぶゴンクール賞受賞作品
2008年12月11日 (木) | 編集 |
Catherine Cusset著「Un brillant avenir」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-637.html

へ、移動しました。


 Cajunと呼ばれているルイジアナのフランス移民3代の生き様を描いたフランスの小説
2008年11月18日 (火) | 編集 |
Jean Vautrin 著「Un grand pas vers le bon Dieu」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-539.html

へ移動しました。

 2003年の高校生が選ぶゴンクール賞受賞作品
2008年10月03日 (金) | 編集 |
Yann Apperry著「Farrago」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-654.html

へ、移動しました。

 ヴェネズエラのカリブ海に面した奇妙なリゾートクラブが舞台のフランスの現代小説
2008年09月10日 (水) | 編集 |
Philippe Garnier著「Roman de plage」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-913.html

へ、移動しました。


 Stéphanie Janicotさんの2007年のルノドー賞候補作
2008年06月04日 (水) | 編集 |
Stéphanie Janicot 著「Le privilège des rêveurs」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-292.html

へ移動しました。


 ブラジルの独裁軍事政権下の若者たちの姿を描いたフィクション
2008年03月06日 (木) | 編集 |
Jean-Paul Delfino著「Dans l'ombre du Condor」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-767.html

へ、移動しました。


 冒険小説顔負けのワイルドなオーストラリア旅行記
2007年12月10日 (月) | 編集 |
David Fauquemberg著「Nullarbor」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-679.html

へ、移動しました。


 元FBI局長フーヴァーの生涯を通してアメリカの裏現代史を語った小説
2007年11月13日 (火) | 編集 |
Marc Dugain著「Malédiction d'Edgar」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-761.html

へ、移動しました。

 伝説の巻物に魅せられた人々の人生を中国の歴史に絡めて描いた知的冒険小説
2007年10月18日 (木) | 編集 |
Sijie Dai 著「Par une nuit où la lune ne s'est pas levée 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-427.html

へ移動しました。

 娘の死を別れた妻に伝えるため、混沌としたアジアの国を放浪する男の物語
2007年10月10日 (水) | 編集 |
Jean-Paul Dubois著「Maria est morte」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-527.html

へ移動しました。

 ファン・ディエゴの奇跡のマントに閉じ込められた男と女性眼科医の奇妙な関係
2007年09月07日 (金) | 編集 |
Didier Van Cauwelaert 著「Apparition」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-450.html

へ移動しました。

 キリストのクローン人間の物語
2006年09月13日 (水) | 編集 |
Didier Van Cauwelaert著「L'évangile de Jimmy 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-446.html

へ移動しました。


 ブラジルの独裁者とチャップリンの関係?!
2006年01月19日 (木) | 編集 |
Daniel Pennac 著「Le dictateur et le hamac」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-301.html

へ移動しました。


 Hubert Mingarelli の最新作(2005年10月現在)
2005年10月03日 (月) | 編集 |
Hubert Mingarelli 著「Le voyage d'Eladio」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-81.html

へ移動しました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。