フランス語の本紹介ブログは『 http://bibliophilie.blog3.fc2.com/』へ引越しました
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2008年ゴンクール賞受賞作品
2009年08月17日 (月) | 編集 |
Atiq Rahimi著「Syngué Sabour」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-509.html

へ移動しました。
スポンサーサイト

 フランス人と育ったアルジェリア人少年の一生を通してアルジェリア戦争を描いた小説
2009年03月31日 (火) | 編集 |
Yasmina Khadra著「Ce que le jour doit à la nuit」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-172.html

へ移動しました。
 

 不法にイギリスめざし旅をするイラク人青年の姿をオデュッセウスの放浪に重ねたエンターテイメント小説
2009年02月27日 (金) | 編集 |
Eric-Emmanuel Schmitt著「Ulysse from Bagdad」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-497.html

へ移動しました。

 モロッコの田舎の小学校に派遣された新米教師の姿を描いた小説
2009年01月13日 (火) | 編集 |
My Seddik Rabbaj著「Ecole des sables」に、関する記事は、
http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-597.html

へ、移動しました。


 フランス人青年のイスラエル滞在記
2008年11月13日 (木) | 編集 |
Corinne Roche著「Mazel tov, mister Poullaouec ! 」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-572.html

へ、移動しました。

 パレスチナ問題に興味のある方にお勧めしたい小説
2008年09月19日 (金) | 編集 |
Hubert Haddad著「Palestine」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-508.html

へ移動しました。



 イランの独房で、絞首刑の執行を待つ、15歳の少女の手記という形を取った小説。
2008年07月14日 (月) | 編集 |
Chahdortt Djavann著「La Muette」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-407.html

へ移動しました。

 イスラム原理主義者のテロが相次いで起こった1990年代のアルジェリアを舞台にした小説
2008年05月21日 (水) | 編集 |
Fellag著「L'allumeur de rêves berbères」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-571.html

へ、移動しました。

 ヤスミナ カダラの「テロル(L'Attentat)」
2007年10月12日 (金) | 編集 |
Frarabicさんのブログ で、以前、このブログで絶賛した 「L'attentat」 の邦訳が、今年の3月に早川書房から出版されたのを知りました。

  

うれしい!

邦題は「テロル」です。
        (アマゾン・ジャパンでこの本について詳しく見る


早川書房さんありがとう。


「Les Sirènes de Bagdad」も、とってもいいので、
是非、邦訳出版して下さるようお願いします。m(_ _)m




ヤスミナ カドラの著作に関する記事


 イラク人の若者が自爆テロになって行く過程を綴った問題作
2006年12月21日 (木) | 編集 |
Yasmina Khadra著「Les Sirènes de Bagdad」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-169.html

へ移動しました。

 ヤスミナ カドラ氏の自伝的小説
2006年11月23日 (木) | 編集 |
Yasmina Khadra 著「L'Ecrivain」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-170.html

へ移動しました。

 アルメニア人虐殺をテーマにした傑作小説
2006年11月16日 (木) | 編集 |
Louis Carzou 著「La huitième colline」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-307.html

へ移動しました。

 ベイルートに暮らした3代の親子の姿を歴史にからめて描いた小説
2006年08月15日 (火) | 編集 |
Alexandre Najjar著「Roman de Beyrouth 」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-691.html

へ、移動しました。

 タリバンの支配下のアフガニスタンを描いた名作
2006年04月21日 (金) | 編集 |
Yasmina Khadra 著「Les hirondelles de Kaboul」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-167.html

へ移動しました。

 パレスチナ・イスラエルの紛争を描いた傑作小説
2006年02月13日 (月) | 編集 |
Yasmina Khadra 著 「L'attentat」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-166.html

へ移動しました、

 モロッコが舞台の二人の男の友情の物語
2006年02月06日 (月) | 編集 |
TAHAR Ben Jelloun著「Le dernier ami」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-594.html

へ移動しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。