フランス語の本紹介ブログは『 http://bibliophilie.blog3.fc2.com/』へ引越しました
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 スターリン独裁下のソ連のピアニストの過酷な運命を描いた小品
2010年03月06日 (土) | 編集 |
Andreï Makine著「La Musique d'une vie」の感想の記事は

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-58.html

へ移動しました。
スポンサーサイト

  1936年ベルリン・オリンピックを題材とした小説
2010年02月26日 (金) | 編集 |
Alexandre Najjar著「Berlin 36」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-66.html

へ移動しました。

 『人間は境遇と選択により形成される』という事をヒットラーの生涯を通じて立証した問題作
2010年02月22日 (月) | 編集 |
Eric-Emmanuel Schmitt著「La Part de l'autre」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-70.html

へ移動しました。

 フランス現代文学に興味がある方にお勧めしたいロシア系フランス人作家による名著
2009年07月29日 (水) | 編集 |
Andrei Makine 著「La vie d'un homme inconnu 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-57.html

へ移動しました。

 ゴンクール賞受賞作家ローラン ゴウデ氏の最高傑作
2009年04月06日 (月) | 編集 |
Laurent Gaudé著「La Porte des Enfers」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-211.html

へ移動しました。


 アイルランド運動の活動家Denis Donaldsonをモデルにした小説
2009年04月02日 (木) | 編集 |
Sorj Chalandon著「Mon traître 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-309.html

へ移動しました。



 チェルノブイリを舞台にしたフランスのサスペンスタッチの小説
2008年12月06日 (土) | 編集 |
Maud Tabachnik著「Ciel de cendres」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-798.html

へ、移動しました。

 イギリスの刑務所のコック長の目から見た刑務所暴動を語ったピカレスク小説
2008年11月29日 (土) | 編集 |
Luc Lang著「Mille six cents ventres」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-590.html

へ移動しました。



 1995年にゴンクール賞、高校生が選ぶゴンクール賞、メディシス賞をトリプル受賞した小説
2008年10月24日 (金) | 編集 |
Andreï Makine著「Testament français」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-55.html

へ移動しました。

 2005年の高校生の選ぶゴンクール賞受賞作
2008年09月12日 (金) | 編集 |
Sylvie Germain 著「Magnus」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-534.html

へ移動しました。

 ノルウェーのハンティング・ハウスに閉じ込められた6人の男女を描いたフランスの小説
2008年04月02日 (水) | 編集 |
Hugo Boris著「La délégation norvégienne」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-904.html

へ、移動しました。

 氷河にかこまれた極限状態の中で、生きていく人間の実態を描いた小説
2008年01月24日 (木) | 編集 |
Bernard Du Boucheron著「Court Serpent」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-940.html

へ、移動しました。


 2000年にバレンツ海で起こったソ連の原子力潜水艦沈没がテーマのフランス小説
2007年09月14日 (金) | 編集 |
Marc Dugain著「Une exécution ordinaire」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-758.html

へ、移動しました。

 謎めいたフランスの純文学系の小説
2006年09月22日 (金) | 編集 |
Sylvie Doizelet 著「Qui est Memory ?」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-728.html

へ、移動しました。

 2004年のゴンクール賞受賞作
2006年01月16日 (月) | 編集 |
Laurent Gaudé著「Le soleil des Scorta」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-207.html

へ移動しました。


 小粒ながら光っている秀作、とても面白かったです!(^^)!
2005年12月06日 (火) | 編集 |
Martine-Marie Muller著「L'homme de la frontière」に関する記事は

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-221.html

へ移動しました。


 文学へ贈られたの最高のオマージュ
2005年10月07日 (金) | 編集 |
Hubert Mingarelli 著「Quatre soldats 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-82.html

へ移動しました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。