お知らせ

フランス語の本の紹介ブログは、

『フランス語の本の読書記録』
と、ブログタイトルを変更し

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/

へ、引越しました。 

Home>推理・サスペンス・ホラー小説(カテゴリ)  TotalPages4 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サスペンス小説に見せかけた絶望的ないくつかの恋の形を描いた恋愛小説として読みたいフランスの小説

2010.03.03 Wed

Sylvie Granotier著「Belle à tuer」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-62.html

へ、移動しました。
スポンサーサイト

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

先進国によるアフリカの内政干渉をテーマにしたエンタメ・サスペンス

2010.02.24 Wed

Patrick Cauvin著「La Reine du Monde」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-69.html

へ移動しました。



テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

国際的映画スターが主人公のサスペンス

2010.02.15 Mon

Sylvie Granotier著「Tuer n'est pas jouer」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-61.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

テロ事件に巻き込まれてゆく女子大生が語り手のコミカルタッチのサスペンス

2009.12.09 Wed

Sylvie Granotier著「Méfie toi fillette 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-60.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

『六次の隔たりの定理』をテーマにしたフランスのサスペンス小説

2009.06.29 Mon

Jacques Expert著「Le théorie des SIX」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-72.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ:六次の隔たり スモールワールド現象

フランスの諜報機関をテーマにしたサスペンス小説「Citoyens clandestins」の続編

2009.06.17 Wed

DOA著「Le serpent aux mille coupures」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-732.html

へ、移動しました。

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

フランスで人気ナンバーワンの女流推理作家フレッド・ヴァルガス著「Un lieu incertain」

2009.05.22 Fri

Fred Vargas著「Un lieu incertain 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-521.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ:フレッド ヴァルガス

イスラム教圏とキリスト教圏が対立した世界大戦後の荒涼とした近未来を舞台にしたSFサスペンス小説

2009.05.19 Tue

Pierre Bordage著「Les Chemins de Damas」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-273.html

へ移動しました。


テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

イスラム教圏とキリスト教圏が対立した世界大戦中の近未来のフランスを舞台にしたSFサスペンス小説

2009.05.18 Mon

Pierre Bordage著「L'Ange de l'Abîme」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-272.html

へ移動しました。

キリストの再来をテーマにしたスリリングなサスペンス小説

2009.05.15 Fri

Pierre Bordage著「L'Evangile du Serpent」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-271.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

パリ警視庁が主催の推理小説賞『Prix du quai des orfevres』 の2009年受賞作

2009.05.04 Mon

Christophe Guillaumot 著「Chasses à l'homme」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-878.html

へ、移動しました。

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

タグ:Prix du quai des orfevres

フランスのSFタッチのお勧めサスペンス小説

2009.02.17 Tue

Pierre Bordage著「Porteurs d'âmes」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-269.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

タグ:Pierre Bordage

手軽に読める、フランスのエンターテイメント・サスペンス

2009.01.27 Tue

Guy Lagorce著「La fine équipe」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-596.html
 
へ、移動しました。

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

太平洋の南の島が舞台のスリラー小説

2009.01.19 Mon

Maxime Chattam著「La théorie Gaïa」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-618.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ:Maxime Chattam マキシム シャタム

世界と歴史を股に欠けた冒険・アクションサスペンス「Le siècle des chimères」シリーズ最終巻

2008.12.08 Mon

Philippe Cavalier著「Le Siècle des chimères, Tome 4 : La dame de Toscane 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-333.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

ひたすら暗いフランスのノワール小説

2008.11.24 Mon

Pascal Garnier著「L'A26」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-373.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

パリ郊外の古城を舞台にしたサスペンス小説

2008.10.22 Wed

Brigitte Aubert著「Reflets de sang」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-491.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

ストリップ嬢が活躍するフランスの推理小説

2008.10.16 Thu

Dominique Sylvain著「L'absence de l'ogre」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-911.html

へ、移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

ゴンクール受賞作家によるサスペンス風の小説

2008.10.06 Mon

Jacques-Pierre Amette著「Le lac d'or」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-929.html

へ、移動しました。

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

始皇帝にまつわる謎にスポットを当てたフランスのエンターテイメントサスペンス

2008.09.02 Tue

Frédéric Cathala 著「L'Aigle et le Phénix」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-516.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ:秦始皇帝陵 兵馬俑坑

どんずまりの人生から抜け出すため、現金輸送車強盗を試みた男達の姿を語ったフランスのサスペンス

2008.09.01 Mon

Patrick Pécherot著「Soleil noir」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-769.html

へ、移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

生産拠点海外移転で失職したフランス人達の苦しみを描いたサスペンス小説

2008.06.20 Fri

Gérard Mordillat 著「Notre part des ténèbres」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-157.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

患者の尊厳をないがしろにする製薬会社と医師を告発したフランスの医療サスペンス

2008.06.12 Thu

Martin Winckler著「Mort in vitro」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-395.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ:医療サスペンス

戦場で起こった連続猟奇殺人事件を描いたフランスの推理小説

2008.06.05 Thu

Maxime Chattam著「Prédateurs」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-617.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

最新の医学技術の弊害を盛り込んだフランスのサスペンス小説。

2008.06.02 Mon

Martin Winckler著「Camisoles」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-394.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ:医療サスペンス

サスペンスタッチの実験小説

2008.05.26 Mon

Fabrice Colin著「La mémoire du vautour」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-942.html

へ、移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

袋小路の人生の中でもがく男の狂気を静かに描いた心理スリラー小説

2008.05.17 Sat

Jean-Paul Dubois著「Hommes entre eux 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-527.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

富豪老人と中年看護婦を巡るノワールなフランス小説

2008.05.15 Thu

Pascal Garnier著「Les Hauts du bas」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-366.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

シリアルキラーの異常心理にスポットを当てたフランスのホラー・サスペンス小説

2008.05.09 Fri

Jean-Christophe Grangé著「La ligne noire 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-616.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語多読 - ジャンル:本・雑誌

「クリムゾン・リバー」のタイトルで映画化されたフランスの推理小説

2008.04.04 Fri

Jean-Christophe Grangé著「Les rivières pourpres」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-615.html

へ移動しました。

テーマ:フランス語の本 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。