フランス語の本紹介ブログは『 http://bibliophilie.blog3.fc2.com/』へ引越しました
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 パリの描写が魅力的なフランスの現代小説
2010年03月09日 (火) | 編集 |
Philippe Delerm著「Quelque chose en lui de Bartleby」の記事は

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-51.html

へ移動しました。

スポンサーサイト

 2005年Prix romain fnac賞受賞作品
2010年02月11日 (木) | 編集 |
Pierre Péju著「Le rire de l'ogre」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-90.html

へ移動しました。
 

 父親の複雑な心情を、第2次大戦のレジスタンス活動にからめて語ったフランスの小説
2010年02月08日 (月) | 編集 |
Sorj Chalandon著「La légende de nos pères」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-97.html

へ移動しました。


 2009年高校生が選ぶゴンクール賞受賞作
2010年02月02日 (火) | 編集 |
Jean-Michel Guenassia著「Le Club des Incorrigibles optimistes」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-56.html

へ移動しました。

 心理描写に長けているサスペンスタッチのフランスの現代小説
2010年01月20日 (水) | 編集 |
Pierre Péju 著「La diagonale du vide」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-89.html

へ移動しました。




 他人に打ち明ける事の出来ない秘密を抱えて生きている男女の姿を描いたフランスの現代小説
2009年12月05日 (土) | 編集 |
Anne Bragance著「Une succulente au fond de l'impasse」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-231.html

へ移動しました





 存在が消失してしまう男を主人公としたフランスの不条理小説
2009年11月24日 (火) | 編集 |
Sylvie Germain著「Hors champ」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-536.html

へ移動しました。



 人々の思惑が微妙に絡み合い奏でる運命を綴った小説
2009年11月17日 (火) | 編集 |
Sylvie Germain著「 L'inaperçu」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-535.html
へ移動しました。




 「Non」と言えないフランス人男性の喜悲劇を描いたフランスの現代小説
2009年11月05日 (木) | 編集 |
Serge Joncour著「 L'homme qui ne savait pas dire non 」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-577.html

へ移動しました。

 1960年代のパリを舞台に、ユダヤ系少年と、イラン系老人とのふれあいを描いた中編小説
2009年10月29日 (木) | 編集 |
Eric-Emmanuel Schmitt著「M.Ibrahim et les fleurs du Coran」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-495.html

へ移動しました。

 パリに住む人々の孤独に絡め企業いじめを描いたフランスの小説
2009年10月26日 (月) | 編集 |
Delphine De Vigan著「Les heures souterraines」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-264.html

へ移動しました。

 ブルーズ好きな方にお勧めしたいフランスの現代小説
2009年10月21日 (水) | 編集 |
Jean-Pierre Milovanoff著「L'amour est un fleuve de Sibérie」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-506.html

へ移動しました。


 二人の幼馴染の複雑な友情を描いたフランスの現代小説
2009年10月19日 (月) | 編集 |
Philippe Grimbert著「La mauvaise rencontre」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-262.html

へ移動しました。


 第2次大戦中のベルギーを舞台に、キリスト教神父とユダヤ系少年のふれあいを描いた小説
2009年10月07日 (水) | 編集 |
Eric-Emmanuel Schmitt著「L'Enfant de Noé」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-494.html

へ移動しました。


 Eric-Emmanuel Schmitt 氏の処女作
2009年10月05日 (月) | 編集 |
Eric-Emmanuel Schmitt著「La Secte des ègoïstes 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-496.html

へ移動しました。


 2002年のフランスのAlain-Fournier賞及び、大手チェーン書店Fnac主催の『Prix du Roman Fnac』受賞作品
2009年08月25日 (火) | 編集 |
Dominique Mainard著「Leur histoire」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-258.html

へ移動しました。


 静謐な叙述スタイルと構成力の素晴らしさを満喫できるフランスの現代小説
2009年08月20日 (木) | 編集 |
Dominique Mainard著「Le ciel des chevaux 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-257.html

へ移動しました。

 アメリー ノートン氏の処女作
2009年08月13日 (木) | 編集 |
Amélie Nothomb著「Hygiène de l'assassin」
に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-744.html

へ、移動しました。

 第1次大戦の戦場の戦士達の叫びを綴ったフランスの小説
2009年08月10日 (月) | 編集 |
Laurent Gaudé著「Cris」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-209.html

へ移動しました。


 第2次大戦直後バラバラになった義兄弟の行方を捜す、ドイツ人に引き取られたユダヤ人指揮者の姿を描いたフランス小説
2009年08月06日 (木) | 編集 |
Marie-Martine Muller著「 Les enfants de l'Arche 」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-225.html

へ移動しました。


 2004年のフランスの本屋賞(Prix des libraires)受賞作品
2009年07月13日 (月) | 編集 |
François Vallejo著「Groom」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-729.html

へ、移動しました。

 ルノドー賞受賞作家 Alain Mabanckou 氏の最新作(2009年7月9日現在)
2009年07月10日 (金) | 編集 |
Alain Mabanckou 著「Black Bazar」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-425.html

へ移動しました。


 兵士の手紙の検閲を通して、戦争を描いたフランスの現代小説
2009年07月03日 (金) | 編集 |
Bénédicte Des Mazery著「La vie tranchée」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-235.html

へ移動しました。


 フランスの不良少女の心内を描いた小説
2009年07月02日 (木) | 編集 |
Calixthe Beyala著「Le roman de Pauline」に関する記事は、
http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-553.html

へ移動しました。


 散文詩的なスタイルの美しい文体で綴られたフランスの現代小説
2009年06月25日 (木) | 編集 |
Dominique Sampiero著「Les encombrants」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-308.html

へ移動しました。




 実話を元にした第1次大戦で顔に醜い傷を受けた男達の再生の物語
2009年06月23日 (火) | 編集 |
Marc Dugain著「La chambre des officiers」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-760.html

へ、移動しました。


 2009年フランスの本屋賞(Prix libraire)受賞作品
2009年06月15日 (月) | 編集 |
Dominique Mainard著「Pour vous」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-256.html

へ移動しました。




 フランスの刑務所の実態を描いた迫真の小説
2009年06月12日 (金) | 編集 |
Nan Aurousseau 著Le ciel sur la tête」に、関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-703.html

へ、移動しました。


 静謐な文体が魅力的なフランスの現代小説
2009年06月09日 (火) | 編集 |
Dominique Mainard著「Je voudrais tant que tu te souviennes」に関する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-255.html

へ移動しました。



 マグレブ系のフランステレビ司会者の青春時代の回想と今を語った小説
2009年06月05日 (金) | 編集 |
Stéphanie Janicot著「Dans la tête de Shéhérazade」に冠する記事は、

http://bibliophilie.blog3.fc2.com/blog-entry-293.html

へ移動しました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。